綱島駅から徒歩2分の土屋眼科医院です

白内障日帰り手術

安心して手術をお受けいただけますよう、
わかりやすい説明、心地よい環境づくりを心掛けております。

白内障手術のご案内

白内障とは

白内障手術は、短時間で大きな苦痛もなく受けていただけます。傷口が小さいため、手術の安全性もかなり確立され、安心して受けていただくことができます。ただ、手技的には非常に繊細なものであり、全くリスクがないというものではありません。

水晶体の部分が加齢などの原因で濁ってきた状態を白内障といいます。40歳くらいから始まり80歳代では、程度の差はあるもののほとんどの方にみられます。ものがかすんで見えたり、二重にみえたり、まぶしくなったりします。

白内障の手術

目に3mm程の傷口をあけます。そこから超音波の器械をいれて、周りの薄皮(嚢)を残し、中の濁った水晶体(核)を丁寧に、砕いては吸出します。きれいになったら、薄皮の中に、あらかじめ用意した人工の眼内レンズを入れてものを見えるようにします。

手術を受けるタイミング

手術ですのでリスクはあります。まれではありますが、失明するような合併症もあります。白内障と言われても、日常生活にそれほど支障がなければ、急いで手術をうけなくてもよいと思います。ただあまり我慢しすぎてしまうと、水晶体が固くなりすぎてしまい、手術が難しくなってしまう場合もあります。できれば定期的に受診し、ご家族や眼科医とよく相談しながら時期を決められるのがよいかと思います。

手術までの流れ

01
日帰りか入院か

術後のケアに不安がある方、大きな持病がある方、白内障以外の目の病気があり手術への影響が考えられる方等には入院で手術ができる医療機関をご紹介いたします。

02
内科的検査

当院での手術が決まりましたらまず、かかりつけかお近くの内科で全身状態のチェックを受けていただきます。結果に問題がなければ、手術オリエンテーション日及び手術日を予約していただきます。おおよそ1~3か月待ちとなっております。

03
術前検査

手術に必要な目の特殊検査を行います。

04
オリエンテーション

医師、看護師から手術についての詳しい説明をさせていただきます。

05
手術当日

お昼にご来院いただき夕方お帰りとなります。

当院の白内障手術のモットー

1.安心感

患者様の生活スタイルや気持ちを理解したうえで、前向きな気持ちで受けていただきたいと思っております。そのため、オリエンテーションは十分時間をかけて行います。また、手術当日は流れ作業にならないよう、1日3名までに限定して、十分コミュニケーションをとりながら進めていきます。

2.丁寧

手術に余計な時間をかけないことは大切です。しかし、スピードを重視しすぎてしまうと雑になったり、目に負担がかかりすぎたり、ミスにもつながりかねません。大切な目ですので、慎重な手術を心がけております。

3.生活スタイル

年齢、体調、目の状態、生活スタイル等を伺うと、その方にとっては、今手術することが必ずしもベストではない場合があります。白内障=手術 ではなく、ご本人やご家族とよく相談した上で一番よい方法がとれるよう心掛けております。

日帰り白内障手術Q&A

Q.手術は痛いですか?
A.目の中に水を流しながら行うため、少し圧迫感を感じる場合はありますが、我慢できないような痛みはほとんどありません。ただ、高度近視や瞳孔の開きがわるい方では、痛みを感じる場合があり、その場合、麻酔を追加するなどして、軽減させます。
Q.手術すれば良く見えるようになりますか?
A.見え方を左右させる原因は、白内障(水晶体が濁る)だけではありません。角膜、硝子体、網膜、脳などが影響する場合もあります。もし、見えにくい原因が、白内障だけであれば、手術を受けることで今よりもより明るく見えるようになります。
Q.手術後、どのくらい通院が必要ですか?
A.当院の手術日は火曜日です。翌日(水曜)、3日後(金曜)、1週間後、1か月後に診察を予定しています。その後は、半年程度月に1度の検診におこしいただいております。
Q.手術に付き添いは必要ですか?
A.普段お一人で通院されている方であれば、お一人でご来院いただいても大丈夫です。ただ、帰りは片目に眼帯をしますので、遠近感がなくなり、段差等危険です。できればお迎えに来ていただくか、タクシーで帰られることをお勧めいたします。当日は、車や自転車の運転も難しいです。
Q.高血圧、糖尿病があっても、日帰り手術ができますか?
A.コントロールが良好で内科の先生の許可があり、目に白内障以外の大きな異常がなければ、基本的に可能です。しかし、全身疾患がある場合、手術の合併症が起こりやすく、入院手術の方が良い場合や、時期を見合わせた方がよい場合もありますので、ご相談ください。
Q.脚や腰が痛くても日帰り手術はできますか?
A.手術はリクライニングシート(歯医者さんのようなイス)で行います。状況に合わせて、枕やタオルを入れたりして、楽な姿勢をとっていただけるよう調整いたしますので、ご相談ください。
Q.手術の後、家に帰ってから異常があった時はどうしたらよいですか?
A.手術した日の18時くらいに、医師からご自宅へ電話いたしますので、気になることがあればお話しください。それ以降は、診療時間内であれば当院に、それ以外の時間は専用の電話番号にお電話ください。
Q.手術後の生活に制限はありますか?
A.傷口が完全にふさがるまでに2週間前後かかりますので、洗顔、洗髪、スポーツなどに制限あります。また、1か月以内は目がまだ弱い状態ですので、強くぶつけたりしないよう、気をつけてお過ごしください。
Q.入院で手術したいのですが?
A.術後の管理に不安がある方や持病をお持ちの方等、入院を希望される方もいらっしゃいます。当院に入院設備はありませんので、ご希望の方には、設備のある医療機関をご紹介いたします。

執刀医

杤久保哲男 先生

杤久保哲男 先生

1976年 東邦大学医学部卒業
1977年 東邦大学第一眼科学教室助手 国立大蔵病院眼科医長
1988年 東邦大学第一眼科学教室講師
1995年 東邦大学第一眼科学教室助教授
1998年 東邦大学第一眼科学教室教授
2014年 東邦大学第一眼科学教室名誉教授
(医学博士 日本眼科学会眼科専門医)
これまでの白内障手術執刀実績は、8,000件以上です。

【一言】手術に関しましては、術中痛みはありませんので、リラックスしていただくのが肝心です。

土屋祐介(院長)

土屋祐介(院長)

詳しくは「ごあいさつ」をご覧ください。
これまでの白内障手術執刀実績は、2,000件以上です。

【一言】眼に負担の少ない、丁寧な手術を心がけております。