綱島駅から徒歩2分の土屋眼科医院です

アクセス

アクセスマップ

〒223-0053 横浜市港北区綱島西2-1-7
東急東横線綱島駅より徒歩3分 横浜銀行裏
電話:045-543-1085

※当院には駐車場がございません。お車でお越しの際は、向かいの有料駐車場等をご利用ください。
※当院前は横浜市の自転車放置規制区域となっております、自転車とバイクは近隣の駐輪場をご利用下さい。

道順

  • 綱島駅をおりましたら、西口側に出て、亀谷万年堂さん前を左に曲がります。

  • そのまま道なりにすすみますと、横浜銀行の交差点がございますので、そのまま信号を渡ります。

  • 信号を渡り50mほど進みますと、左手に土屋眼科が出て参ります。

ご案内

  • <午前の部>8時30分~9時45分 <午後の部>13時~15時の間、風除室のボードにお名前をご記入いただくことで、半日単位で順番を確保できます。お名前をご記入の上、受付開始以降、スタッフにお声かけください。受付後に外出される場合、順番が近づきましたら、携帯電話にお電話いたします
  • 院内はバリアフリーです。
  • 車椅子がございますのでご利用ください。
  • お帰りの際、タクシーが必要な方は、受付でお呼びします。お気軽にお声かけください。
  • お薬は、一部を除き院内処方ができますので、ご希望の方はご相談ください。

TIME / 診察時間

診療時間
9:45~13:00

15:00〜19:00
17:00まで

院長 代診医師

※火曜午後は、院長が手術・レーザー治療のため、一般診察は代診医師が担当いたします。17時までの受付です。
※年末年始、夏季(8月中旬)、日本臨床眼科学会開催日(10月頃)、祝日は休診です。
臨時休診につきましては、電話またはホームページにてご確認ください。

診療内容

  • 眼科一般(アレルギー、花粉症、結膜炎、ドライアイ、ものもらい、疲れ目等)
  • 日帰り白内障手術
  • 眼底疾患(糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、その他眼底出血等)
  • 小児眼科(近視、遠視、斜視、弱視等)
  • 緑内障(検診、検査、治療)
  • 各種レーザー治療(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、後発白内障等)
  • コンタクトレンズ
  • 眼鏡
  • 生活習慣病による目の検診(糖尿病、高血圧、動脈硬化等)
  • 緑内障・白内障・目の総合検診
  • 人間ドックのフォローアップ
  • 学校検診のフォローアップ
  • 外傷処置
  • 診断書の作成(身体障害者申請 介護保険意見書等)
  • 専門医への紹介
※当院では、オルソケラトロジー、レーシックは行っておりません。
  • AGA治療
AGA治療とは?
成人男性型薄毛抜毛の治療です。
プロペシア(MSD)という飲み薬での治療になります。

1mg28錠(約1か月分)7,600円(税込)診察料、処方料等別途費用はかかりません。
初回のみ、医師から薬についての説明があります。
初回の方は院長診察日(火曜午後以外の診療日)にご来院の上、受付でAGA治療ご希望とお申し付けください。
一度の受診で約6ヶ月分まで処方可能です(まれに在庫切れで、お取り寄せとなる場合がございます)。

詳しくは、MSDのウェブサイトへ 

受診にあたっての注意

正確な検査、診療のために、どうぞ協力をお願いいたします!

散瞳について

網膜、硝子体、水晶体など、眼の中のほうを詳しく診察する場合には、目薬(散瞳薬)を使って瞳孔を開かせていただきます。目薬をさしてから瞳孔が開くまでに30分程お時間がかかります。また、4~5時間は瞳孔が開いたままとなるため、診療後も、まぶしく、ピントが合いにくい状態が続きます。当日、お仕事や車の運転等、ご予定がある方はご相談ください。

お子様の場合、視力・屈折検査をする際、眼の調節力(ピントを合わせる力)が強く、正確な検査(無理をしていない、本来の見え方の確認)が困難です。そのため、上記と同様の目薬を使用し、一時的に調節力を押さえさせていただくことがございます。当日、学校や塾などのご予定がある方はご相談ください。

コンタクトレンズ交付について

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。交付にあたり、検査や診察が必要となりますので、保険証は必ずお持ちください。診察の結果、目に傷害がある場合、コンタクトレンズの処方はできない場合がございます。 ※コンタクトレンズルームのページもご参照ください。

眼鏡のご持参について

眼鏡(老眼鏡含)をご使用の方は、診察・検査で必要な場合がございますので、お持ちください。

アイメイクをされている方

検査や診察時にとれてしまうことがあります。また、まぶたの診療等にあたりましては、落としていただく場合がございます。

検査内容について

ご希望にない過剰な検査を避けるよう心がけております。主訴以外の検査もご希望の場合、受付または医師にご相談ください。